阿部 利洋 (Abe Toshihiro)

  大谷大学文学部社会学科
専門 アパルトヘイト後の南アフリカにおける体制移行と社会統合の問題を研究してきました。近年では、ジョハネスバーグに集まるアフリカ諸国の移民の生活や、南アフリカのカラード、とりわけ先住民アイデンティティを主張する人々の運動に関心を拡げています。
主な著書
  • Abe, Toshihiro and Obvious Katsaura, 2016, Social Cohesion against Xenophobic Tension: A Case Study of Yeoville, Johannesburg, African Study Monographs, 37(2), 55-73
  • 阿部利洋、2016、「創造的な逸脱の許容――南アフリカ真実和解委員会と移行期正義」、遠藤貢編『武力紛争を越える――せめぎ合う制度と戦略のなかで』(京都大学学術出版会)、211-238
  • Abe, Toshihiro, 2016, Creating Space for Productive Deviance: The Latent Function of the Truth and Reconciliation Commission of South Africa, in Sam Moyo and Yoichi Mine eds., What Colonialism Ignored: ‘African Potentials’ for Resolving Conflicts in Southern Africa, Bamenda: Langaa RPCIG, 173-202.
  • Abe, Toshihiro, 2014, Transitional Justice Destined to be Criticised as Failure: Understanding its Uniqueness from African Cases, in Ohta, I. et al. eds. Conflict Resolution and Coexistence: Realizing African Potentials (African Study Monographs Supplementary Issue 50), 3-23.
  • 阿部利洋、2014「マンデラの笑顔は問いかける――和解政策というアート」『現代思想』42(3),152-161
  • 阿部利洋、2014、「弁護士マンデラのプラグマティズムと真実和解委員会」『アフリカレポート』(アジア経済研究所)52, 5-9
  • 阿部利洋、2013、「南アフリカにおける和解政策後の社会統合――カラード・アイデンティティの再構築」『紛争と和解――中東・アフリカの事例から』(佐藤章編、日本貿易振興機構・アジア経済研究所)59-96
  • Abe, Toshihiro, 2012, Reconciliation as Process or Catalyst: Understanding the Concept in a Post-conflict Society, Comparative Sociology vol.11, 785-814
This entry was posted in members. Bookmark the permalink.