松田 素二 (Matsuda Motoji)

Matsuda Motoji 京都大学 大学院文学研究科
専門 現在の研究テーマ:
現代東アフリカ社会の都市化と農村社会の変容に関する研究
庶民の日常生活の窮乏と破局的事態に対する互助と連帯を可能にする潜在的メカニズムの研究
アフリカの過去の歴史的不正義に対する正義回復運動についての研究
主な著書
  • 松田素二 野元美佐と共編著、『アフリカ潜在力』第五巻、京都大学学術出版会、2016.
  • Motoji Matsuda, 2012 Japanese Society of Cultural Anthropology Award Lecture, The Difficulties and Potentials of Anthropological Practice in a Globalized World Japanese Review of Cultural Anthropology vol. 14,2014.
  • 松田素二、『アフリカ社会を学ぶ人のために』(編著)、世界思想社、2014.
  • 松田素二、「現代世界における人類学的実践の困難と可能性」、『文化人類学』78巻1号、2013.
  • 松田素二、「理不尽な集合暴力は誰がどのように裁くことができるかーケニア選挙後暴動の事例から」『フォーラム現代社会学』10号、関西社会学会、2013.
  • 松田素二、「「序 現代世界における人類学の課題」≪特集≫ネオリベラリズムの時代と人類学的営為、『文化人類学』74巻2号、日本文化人類学会、2009.
  • 松田素二、『日常人類学宣言―生活世界の深層へ/から』、世界思想社、2009.
  • Motoji Matsuda, Overcoming the Predicament of Social Research, A. Furukawa ed. Frontiers of Social Research, Trans Pacific Press,2006.
  • 松田素二、『呪医の末裔―東アフリカ・オデニョ一族の二○世紀』講談社、2003.
  • 松田素二、『抵抗する都市: ナイロビ 移民の世界から』、岩波書店、1999.
This entry was posted in members. Bookmark the permalink.