山田 肖子 (Yamada Shoko)

Yamada Shoko 名古屋大学 大学院国際開発研究科
専門 専門は教育社会学、比較国際教育学で、アフリカ諸国における教育政策や実践に関わるフィールドワークとともに、アフリカに対する日本の援助政策も研究してきました。英領西アフリカの植民地教育に関して博士論文を書いて以来、ガーナとの関わりが最も長いですが、この10年ぐらいは、エチオピアでも、市民性教育や産業人材育成の研究をしています。今、一番関心を持っているのは、徒弟制度や学校教育など、様々な場所で、若者がどうやって知識や技能を身につけているか、ということです。
主な著書
  • Yamada, Shoko (2016)(Ed). Post-Education-For-All and Sustainable Development Paradigm: Structural change and diversifying actors and norms. London: Emerald Publishing. pp. 392.
  • Yamada, Shoko (2014). “Domesticating Democracy? Civic and Ethical Education textbooks in Secondary Schools in the democratization Period of Ethiopia” in Williams, James H. (ed). (Re)Building Memory: School Textbooks, Identity, and the Pedagogies and Politics of Imagining Community. pp. 35-59. Sense Publishing.
  • 高根務・山田肖子(編著)(2011)『ガーナを知るための47章』pp. 294. 明石書店
  • 山田肖子 (2011)「「住民参加」を決定づける社会要因-エチオピア国オロミア州における住民の教育関与の伝統と学校運営委員会」『国際開発研究』20巻2号. pp. 107-126. 国際開発学会 (平成24年度国際開発学会研究奨励賞受賞)
  • 山田肖子(単著)(2009)『国際協力と学校-アフリカにおけるまなびの現場』pp. 230. 創成社新書
  • 岡田亜弥・山田肖子・吉田和浩(編著)(2008)『産業スキルディベロプメント:グローバル化と途上国の人材育成』pp. 241. 日本評論社
  • 山田肖子(編著)(2008)『アフリカのいまを知ろう』pp. 245. 岩波ジュニア新書
  • Yamada, Shoko (2009). “‘Traditions’ and Cultural Production: Character Training at the Achimota School in Colonial Ghana”. History of Education. Vol. 38, No.1, pp. 29-59. Taylor and Francis.
  • Yamada, Shoko (2009). “Who is the true bearer? The visible and hidden private cost of senior secondary education and equity in Ghana.” Africa Today, Vol. 55, No. 3. pp. 63-82. Indiana University Press.
  • Yamada, Shoko (2008). “Educational Borrowing as Negotiation: Reexamining the influence of American black industrial education model on British colonial education in Africa.” Comparative Education Vol.44, No 1, pp. 21-37. Taylor and Francis.
  • Yamada, Shoko (2007). “Making Sense of the EFA from a National Context – Its Implementation, And Impact on Households In Ethiopia –” in Baker, David P. and Alexander W. Wiseman (Eds), Education for All: Global promises, national challenges. pp. 453-491. Elsevier Science Ltd.
This entry was posted in members. Bookmark the permalink.