[第5回班研究会] ジェンダー・セクシュアリティ班第5回研究会(2017年11月2日開催予定)Chris C. Opesen “Is Female Genital Modification (FGM) a Development Issue in Africa?: Evidence Based Analysis from the Pokot Kenya-Uganda Border Ethnography”

日時:2017年11月2日(木) 15:00–17:00
場所:東京外国語大学AA研304
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

演題:Is Female Genital Modification (FGM) a Development Issue in Africa?: Evidence Based Analysis from the Pokot Kenya-Uganda Border Ethnography
演者:Chris C. Opesen(PhD Fellow (Social Anthropology) and Assistant Lecturer, Department of Sociology & Anthropology, School of Social Sciences, Makerere University)

コメンテイター:中村香子(京都大学)

使用言語:英語
参加費:無料
事前申し込み:不要
連絡先: 椎野若菜 wakana[at]aa.tufs.ac.jp(←[at]を@に置き換えてください。)

共催:平成29年度ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)「女性研究者による国際共同研究」,「『アフリカ潜在力』と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」(科研基盤(S))課題番号:16H06318 ジェンダー・セクシュアリティ班後援現代アフリカ地域研究センター

This entry was posted in mms_news. Bookmark the permalink.