[全米アフリカ学会第60回年次大会](2017年11月16~18日開催)シカゴ

全米アフリカ学会でパネル報告
武内進一(東京外国語大学/アジア経済研究所)

科学研究費(基盤研究S)「『アフリカ潜在力』と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」(代表者 松田素二京都大学教授)の支援をいただいて、2017年11月16~18日にシカゴで開催された全米アフリカ学会(African Studies Association)第60回年次大会でパネルを組みました。パネルのタイトルは、”Land Reform, Rural Changes, and Political Power in Africa”で、1990年代以降アフリカで広く実施された土地改革がどのような結果をもたらしたのかという観点から、ザンビア(大山修一さん・京都大学)、エチオピア(テショメ・エマナさん・アジスアベバ大学)、南アフリカ(ホーマン・チトンゲさん・ケープタウン大学)、そしてアフリカ広域の比較研究(武内進一)という4つの報告から構成されたパネルです。大山さんはもちろんのこと、テショメさんもチトンゲさんも、すでに「アフリカ潜在力」関連の会議に出席したことのある研究者です。
 以下、セッションの構成と報告タイトルを掲げます。

Chair
Scott Straus (University of Wisconsin-Madison)

Discussant
Sara Berry (Johns Hopkins University)

Panelist
Shuichi Oyama (Kyoto University) “Autonomy and authority of chiefs regarding administration of customary land in Zambia”
Teshome Emana (Addis Ababa University) “The Political Economy of Land and Socio-economic Dynamics in a Rural-Urban Interface in Ethiopia”
Horman Chitonge (University of Cape Town) “Land Restitution in South Africa Re-Loaded: What Happens after the Land is Restored?”
Shinichi Takeuchi (Tokyo University of Foreign Studies / IDE-JETRO) “African Enclosure in the Context of Land Law Reforms”

チェアにジェノサイド研究で有名なスコット・ストラウスさん、ディスカッサントにアフリカ農村研究で有名なサラ・ベリーさんが協力してくださり、充実したセッションとなりました。また、アフリカの土地問題と政治秩序に関して著名な研究者であるCatherine Booneがオーディエンスとして参加してくれるなど、大きな刺激を受けました。

以上。

パネリスト、ディスカッサントの皆さん。左から、テショメさん、大山さん、武内、チトンゲさん、ベリーさん

会場のなかで出版社がブースを出して書籍販売

シカゴの摩天楼

This entry was posted in summary. Bookmark the permalink.