京都大学アカデミックデイ2016の「研究者と立ち話」に出展しました。

「アフリカ潜在力」プロジェクトが2016年9月18日、京都大学アカデミックデイ2016の「研究者と立ち話」に出展しました。当日は、プロジェクトリーダーの松田素二先生、プロジェクトの事務局メンバーの松居和子さん(京都大学文学研究科)、桐越仁美さん(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科)が立ち話を担当いたしました。多くのご来場者とディスカッションを交わすことで、プロジェクトに対する貴重なご質問やご意見をいただきました。ブースへのご来場、ありがとうございました。

アカデミックデイ2016公式ホームページ
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2016/

「アフリカの潜在力が世界を救う」
研究者からの一言:アフリカから何を学びたいと思いますか?
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2016/motoji_matsuda/

image001

image003

This entry was posted in mms_news, sympo. Bookmark the permalink.