[第3回国際シンポジウム / 第11回全体会議]「International Symposium on African Potentials and the Future of Humanity」(2019年1月27日開催)

日 時:2019年1月27日(日)9:30~17:50
場 所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室

この国際シンポジウムは、5年間の予定で実施している本研究プログラムの3年目に、「アフリカの潜在力」に関する今後の研究方針を検討することを目的として開催された。「アフリカ潜在力」に関する国際シンポジウムは、前身の研究プログラムから通算すると、3回目である。これまでの2回とは異なり、今回のシンポジウムでは次世代への継承を目的のひとつとした。そのため、いわゆるベテラン研究者ではなく、若手から中堅の研究者による発表で構成された。アフリカからは5名の研究者を招へいし、日本からは7つある研究班からそれぞれ1名を選抜し、合計12名による口頭発表がおこなわれた。

プログラム

Facilitator: Gen YAMAKOSHI (Kyoto University)

9:30-9:40 Opening Remarks: Motoji Matsuda (Kyoto University)

9:40-11:40 Session 1: Governmentality & African Potentials
Chair: Shinichi TAKEUCHI (Tokyo University of Foreign Studies)
Discussant: Momoka MAKI (Sophia University)

  • 1-1. Daniel AGBIBOA (George Mason University)
    Eyes on the Streets: The Civilian Joint Task Force and the Surveillance of Boko Haram in Northeastern Nigeria
  • 1.2. Tamara ENOMOTO (Meiji University)
    Africa and the West: Norms and Measures Regarding Arms Transfers to Non-State Actors (NSAs)
  • 1.3. Atsuko MUNEMURA (Kansai University)
    Remuneration for “Her” Skill under Job Color Bar: Wage Structure during the 1942 Strike in Rural Western Cape
  • 1-4. Teshome EMANA (Addis Ababa University)
    Using Traditional Cultural Framework of an African Society to Conceptualize Modern Governance

11:40-13:00 Lunch Break

13:00-15:00 Session 2: Culturality & African Potentials
Chair: Misa HIRANO-NOMOTO (Kyoto University)
Discussant: Nobuko NISHIZAKI (Fukushima University)

  • 2-1. Antoine SOCPA (University of Yaounde)
    Patterns of Coexistence and Conflict Resolution between Fishermen Communities from Cameroon, Benin and Nigeria
  • 2-2. Toshio MEGURO (Hiroshima City University)
    Misrepresentation and Appropriation of Cultural “Innovation” by Neoliberal Conservation Alliance: The Case of the Maasai Olympics
  • 2-3. Frank MATOSE (University of Cape Town)
    The Militarisation of Conservation in Africa: Emerging Insights
  • 2-4. Wakana SHIINO (Tokyo University of Foreign Studies)
    The House Girl by Choice or the Circumstances in Kenya and Uganda

15:00-15:20 Break

15:20-17:20 Session 3: Conviviality & African Potentials
Chair: Itaru OHTA (Kyoto University)
Discussant: Akira TAKADA (Kyoto University)

  • 3-1. Shose KESSI (University of Cape Town)
    Towards a Pan-African Psychology: Defining and Confining Symbols of the Past
  • 3-2. Shuichiro NAKAO (Osaka University)
    African Plurilingual Tradition and Conviviality: Lessons from Non-Arab Arabic-speaking Communities in Eastern Africa
  • 3-3. Kyoko NAKAMURA (Toyo University)
    Local Recognition Alienated from Global Discourse: Changes in Female Genital Mutilation/Cutting in a Kenyan Pastoral Community
  • 3-4. Kazuro SHIBUYA (Hiroshima University)
    Households and Collectives in Participatory School Management in Ghana: Focusing on the Analytical Framework of Conviviality

17:20-17:50 Wrap-up Meeting
Facilitator: Eisei KURIMOTO (Osaka University)

共催:科研費・基盤研究(A)「第二次世界大戦期植民地兵の研究―植民地世界の戦争・労働・ジェンダー」(16H01940)

[全体会議] 第10回全体会議「ガーナ・アクラフォーラムにむけて」(2018年11月3日開催)

日時:2018年11月3日(土)14:00~17:00
場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室

はじめに、事務局から以下5点に関する連絡がおこなわれた。
1)アフリカフォーラムの概要
2)次世代調査支援の詳細
3)京都シンポジウムの外国人招待者の決定
4)活動報告(ASM特集号、世界社会科学フォーラム、京大アカデミックデイなど)
5)今後の予定

引き続き、12月7日~9日まで、ガーナのアクラで行われる「第8回アフリカフォーラム(通称アクラ・フォーラム)」に向けて、松田素二による趣旨説明、そして日本人発表者4名による研究発表と質疑応答が行われた。発表者、タイトル、発表内容は下記の通りである。

司会:太田至(京都大学)

発表者1:岩田拓夫(立命館大学)
タイトル:Political Satire and Comedy in Africa

発表者は、アフリカの風刺と笑いがどのように現実の政治を反映し、また政治に影響を与えるかについて報告を行った。風刺や笑いは、厳しい政治状況下でも行われる「下からの政治」であり、それにより、立場の弱い人たちがつかの間でも、政治的優越感を持つことができる。ベナン、トーゴ、ブルキナファソの政治状況の違いは、風刺や笑いに反映されている。「ゴンドワナ共和国」という風刺と笑いのプラットフォームは、メディアやインターネットなどを通じて、とくにフランス語圏アフリカで共有されている。最後に、笑いがどのような政治変化をもたらしたかの因果関係を証明することは困難だが、権力者への畏怖の低減など、なんらかの効果があると論じられた。

発表者2:佐久間寛(東京外国語大学)
タイトル:払えぬ負債の潜在力

負債については経済的な負債だけではなく、社会的な負債があることを指摘したうえで、発表者がニジェールの首都ニアメに元助手4人を呼び寄せた体験をもとに、利益の最大化という経済的動機からは説明できない社会的負債をめぐる力学を示した。元助手が発表者と分かれたのち、第三者を通じて強い不満を伝え、そこで志向されていたのは、利益の最大化ではなく、自らが相手に負う負債を最小限にしながら、相手がみずからに負う負債を最大限にする情況であった。厳密に計量化できるはずの借金でさえ、計量化や支払いが不可能な社会的負債に変質させることができ、関係の継続のために負債は完済してはならないと結論づけた。

発表者3:山越言(京都大学)
タイトル:幽鬼の森の保全―ギニアの人為的景観に見るコンヴィヴィアリティ

フランシス・ニャムンジョが異種混交的なアフリカ潜在力のメタファーとして用いた、ナイジェリアの作家A. チュツオーラの『やし酒飲み』を、生態学的な景観描写に注目して概観した。その上で、発表者が行ってきたギニア森林地域の野生チンパンジー研究の事例から、人の暮らしと野生動物が混交する人為的生態系が持つ豊かな可能性について詳説し、生態学的視点からコンヴィヴィアルなアフリカ潜在力を論じる方向性について提案した。

発表者4:山田肖子(名古屋大学)
タイトル:”Dignity of Labour” for African Leaders: The colonial roots of education and the pendulum between liberal and vocational education in post-independence Ghana

発表者は、アフリカの教育政策がどのように形成されてきたか、戦間期の英領ゴールド・コーストにおける教育に関する言説の分析を通じて議論した。戦間期は公共投資の増加にともない植民地における教育の需要が高まった時期だった。そのような時期に、植民地行政官はミッショナリー、アメリカの慈善団体、学者などとの議論を通じ、当時の様々な思想・用語を部分的に取り込み、教育政策に反映させた。その中には、体験を重んじる進歩主義教育モデル、アメリカの黒人解放奴隷に対する教育モデル、モラリティや教育環境を重視するパブリックスクールモデルなどが含まれていた。こうした教育政策の成り立ちがあるため、開発のための教育が一般教育と職業教育の間で揺れ動いたものになっていると論じた。

山越言/大山修一/平野(野元)美佐/市野進一郎

[アフリカ潜在力セミナー] 第2回次世代調査支援報告会(2019年3月9日開催)

日時:2019年3月9日(土)13:30~15:15
場所:京都大学稲盛財団記念館3階 小会議室1

プログラム
13:30―14:00
発表者:細井友裕(東京大学大学院総合文化研究科) 国家・市民班
タイトル:国家=社会関係と国家形成
 ―反アパルトヘイト闘争と南アフリカ社会を事例に

14:00―14:30
発表者:村田はるせ 言語・文学班
タイトル:ベナンの児童文学
 ―現代アフリカで生きるわたし

14:30―15:00
発表者:宗村敦子(関西大学経済政治研究所)開発・生業班
タイトル:1920年代ロンドン市場への南アフリカ果物輸出
 ―南半球Fed-Farmsのもつ国際価格情報提供ネットワークの意義

15:00―15:15
発表者:山本めゆ(津田塾大学, 国際関係学研究科, 特別研究員(PD))対立・共生班
タイトル:アフリカ-アジア関係研究の進展に向けて

4人の方の調査報告は下記からご覧いただけます。
https://www.africapotential.africa.kyoto-u.ac.jp/mms/field-report

[第12回全体会議] 班長会議 (2019年3月9日開催)

日時:2019年3月9日(土)15:30~17:00
場所:京都大学稲盛財団記念館3階小会議室2
(以下敬称略)

今回の全体会議は、7斑の班長(3名は班長代理)と事務局メンバーが参加し、班長会議という形式で開催された。会議の内容は下記のとおりである。

1.研究代表者が2018年度におけるプロジェクト全体の研究活動を報告したあと、7班の班長がそれぞれの研究会活動を報告した。
2.研究代表者(松田)が第1期の成果・実績を紹介したうえで、第2期の成果刊行(英文)の概要、および1巻の文量(10-15本、6000-8000字)、執筆者(アフリカ人2名以上をふくむ)、編者の序論について説明があった。また、African Study Monographsのサプリメンタリーを追加で出版する可能性についても説明された。
3.来年度の活動計画(全体会議およびアフリカ・フォーラムなど)について説明があった。

(大山修一)

[国際ワークショップ] 国際人類学民族科学連合 (IUAES) 第18回世界大会(2018年7月16日~20日開催)

パネル参加報告
Chris Columbus OPESEN (マケレレ大学)

日時:2018年7月19日(木)
場所: サンタカタリーナ連邦大学(Room 201, Block B)

Introduction

The 18th International Union of Anthropology and Ethnological Scientists (IUAES) 2018 World Congress was held at the Federal University of Santa Catarina (UFSC) in Florianopolis, Brazil from the 16th to the 20th of July 2018 under the theme:” The Past, Present and Future of Anthropological Knowledge. The congress registered 95 panels.” This is a report of Panel 061: Diversification and Re-organization of “family” and “Kinship” in Africa: Cross cultural analysis on economic discrepancy, conflicts and potential indigenous institutions for social security.

To convene a panel, the IUAES 2018 required promoters from at least two continents. in line with this requirement, Panel 061 was convened and coordinated by Wakana Shiino of the Tokyo University of Foreign Studies and Chris C Opesen of Makerere University.

Number of Abstracts Received

The panel attracted and received seven paper abstracts from three continents (countries) notably, Asia (Japan), Africa (Uganda) and South America (Brazil) listed below:

  • Transformation of Marriage and Kinship among Nuer Refugees in Uganda: Rethinking the Potential for Reorganization of the Community (Eri Hashimoto)
  • African Potentials and Changing Notions of Family: Child Fostering among the Herero People in Namibia (Yumi Kamuro)
  • Reorganizing ‘family’ to Keep Security and Pursuit Livelihoods in Exile: The Case of South Sudanese Refugees in Uganda (Isao Murahashi)
  • (CANCELED) Claim to Rights and (Re)Negotiate Alliances: Reflections on the Family Conflicts of Widows in Maputo, Mozambique (Aline Beatriz Miranda da Silva)
  • Diversification of “Family Care” for Elderly Women in Rural Kenya: Consideration of Potentials beyond “Family” (Kaori Miyachi)
  • The Elderly, Spiritualism and Social Power among Buhororo Tribal Societies in Uganda(Ian Karusigarira)
  • The Social Experiences of Husbands to Non-FGM Women: Potential African Insights from the Pokot Family Set-Up (Chris Columbus Opesen)
Presentations and Participation

Panel 061 presentations were made in UFSC, Block B, 2nd Floor, Room 201 on Thursday, the 19th of July 2018. Overall, the panel was a success. Out of the seven papers received for example, only one was not presented. This is the presentation of Aline Beatriz Miranda da Silva who had her presentation canceled because the panel was predominantly English based.

Each given 30 minutes, 20 for presentation and 10 for discussion, six presentations were successfully made in two sessions in the panel except Miranda’s.

For participation, each convener (coordinator), presenter and listener was awarded a certificate. If you have not received yours, kindly log in to your page. Unfortunately, Ass Prof. Wakana Shiino, who also doubled as the panel convener did not make it to the congress because its timing coincided with her maternity leave. In her absence, her co-Convenor, Chris C Opesen, therefore coordinated the panel with the help of Kaori Miyachi, Isao Murahashi and Ian Karusigarira.

The 18th IUAES Annals

A call was made for submission of presentations for publication as annals of the 18th IUAES congress up to the 30th of August 2018. This deadline was later extended up to the 20th of August 2018. Those that met the deadline will therefore, have their papers published before the end of 2018.

The 19th IUAES Elections

The 19th IUAES congress will be held in 2022 in India after India put up a spirited and won a well-coordinated election campaign against Croatia.

Closing Remark

The experience in the 19th IUAES was great. The congress offered a platform not only for cross continental and intra-continental scholarly networking but also for insightful discussion of scientific research done under “Diversification and Re-organization of “family” and “Kinship” in Africa: Cross cultural analysis on economic discrepancy, conflicts and potential indigenous institutions for social security.”

To benefit from similar platforms, we need to keep the forthcoming 19th IUAES 2022 in India in our plans. This will enable panel members to have as many presentations as possible published in the IUAES elite journal (annals). A support peer review process in this regard will also enhance these prospects.

Gratitude goes to Wakana Shiino for insightfully putting together the panel and remotely coordinating it, the African Potentials project for the funding support it gave to a number of scholars in the panel that made it to the congress, the entire panel membership for making it to Brazil and in particular, Kaori Miyachi, Isao Murahashi and Ian Karusigarira for the leadership support they rendered to the chair.

 


 


 


 

[班研究会] 環境・生態班第9回研究会(2019年1月26日開催)

日時:2019年1月26日(土)13:00~15:00
場所:京都大学稲盛財団記念館3階318号室

報告タイトル:Indigenization of commercial fishing industry and its challenge for resource management in Lake Kariba, Zimbabwe
氏名:伊藤千尋
所属:広島女学院大学
報告タイトル:Commodification of non-timber forest products and its “potential”: The case of marula products in South Africa
氏名:藤岡悠一郎
所属:九州大学

今回の班研究会では、南部アフリカにおいて調査を実施している2人の班メンバーが自然資源の管理・利用について発表した。伊藤は、ザンビアとジンバブエの国境ともなっているカリバ湖における内水面漁業について、商業漁業の「現地化」政策がどのような影響をもたらしたのかを整理・分析した。藤岡は、南アフリカ北東部におけるマルーラの利用について、企業がグローバルな規模での商品化を進めるのと並行して地元のアフリカ系住民がいかに利用しているのかを明らかにした。また、それぞれ「アフリカ潜在力」の議論をいかに接合ないし発展させるかという点に関して、環境ないし生態との結び付きの中で「アフリカ潜在力」を論じるための切り口として、クロス・スケール・リンケージやレジリエンス、ケイパビリティなどのアイデアを提示した。

今回の班研究会には、翌日に開催された国際シンポジウムの発表者であるフランク・マトセ(Frank Matose)氏をコメンテーターとして招いた。マトセ氏はケープ・タウン大学社会学部の准教授であり、南部アフリカの自然資源管理に関してこれまでに調査・研究を行なってきた。マトセ氏の質問・コメントを皮切りに、問題となっている自然資源の再生産過程や生態系の中での位置付け、それを生計活動の中で利用する住民の経済状況、商品化されたものがグローバルに流通している現状、そうしたグローバルな関係とローカルな実践とを結び付けた議論の重要性などが議論された。こうした様々な論点を指摘しただけでなく、マトセ氏は2人の研究に関係する人物や組織も多数知っており、発表者にとってマトセ氏との交流は非常に有意義なものであった。これからも連絡を密に取り、さらに学術的な交流を深めていくことが合意された。

目黒紀夫

[全体会議] 第9回全体会議「言語・文学班からの報告」(2018年6月16日開催)

日時:2017年6月17日(土)15:00〜17:00
場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
司会:竹村景子(大阪大学)

この全体会議では、「言語・文学班」のこれまでの研究活動に関する報告がおこなわれた。この班の構成員は、「アフリカ潜在力」研究プロジェクトが第二フェーズに入った2016年4月以来、「アフリカ潜在力」という考え方をどのように活用しつつ、研究を深化させられるかに関する議論を続けてきた。この会議では以下のプログラムに沿って、その成果の一端が紹介され、ほかの班の構成員を含めて「アフリカ潜在力」に関する議論を深化させた。

1.「『言語・文学班』のこれまでの活動報告」竹村景子(大阪大学)
2.「北東アフリカにおけるアラビア語の動態:コンヴィヴィアル・マルチリンガリズム」仲尾周一郎(大阪大学)
3.「ヨルバ・ポピュラー音楽の成立史にみるアフリカ諸語文芸の弁証法的発展と社会志向性」塩田勝彦(大阪大学)
4.コメント:沓掛沙弥香(大阪大学)、寺尾智史(宮崎大学)
5.全体討論

まず、班長である竹村は、言語・文学班において「アフリカ潜在力」という考え方を中核とした研究がどのように議論されてきたかを紹介した。この班では、アフリカの言語表現あるいは音楽を含む言語芸術に関する研究をおこなうにあたって、第一に、ときには社会の異端者・逸脱者とみられてきた個人の創造力が、社会にどのような影響を与えてきたかを再度、問い直すこと、その際には、従来の社会規範を維持しようとする動きと、それから逸脱し、ときには伝統的な価値観を破壊しようとする芸術家たちの関係を、弁証法的に把握するという視点が有力であることが議論された。第二には、上記の研究を具体的に進めるにあたっては、表現者たちがどのようなメディアを使い、いかなる表現を用いることによってメッセージを発信しているのかを精査することが重要であることが議論された。

仲尾はまず、「アフリカ潜在力」研究プロジェクトで、この概念がどのように議論され彫琢されてきたかを概観したあと、アフリカの多言語状況に関する研究を整理した。次に仲尾は、現地調査をおこなってきた南スーダンの「ジュバ・アラビア語」、ケニアとウガンダに話者が広がる「ヌビ語」、そしてエチオピア西部で話される「ベニシャングル・アラビア語」の三つの事例を材料として、その言語使用の実態と話者たちの複雑でダイナミックなアイデンティティのあり方を議論した。そして結論として仲尾は、「アフリカ潜在力」のひとつの表れとして、フランシス・ニャムンジョ(Francis Nyamnjoh:「アフリカ潜在力」プロジェクトの海外協力者)に依拠しつつ、「コンヴィヴィアル・マルチリンガリズム」という考え方を提示した。仲尾はこの考え方が、ヨーロッパ出自の多言語/文化主義を根源的に批判しつつ、人びとが複数の言語を文脈によって使い分けつつ共存しているというアフリカ世界をよりよく理解するために、非常に有力な概念となることを論じた。

塩田は、ナイジェリアのヨルバ音楽が、在来の要素に外来の要素を取り込みつつ発展・洗練されてきた過程を、マイケル・ネオコスモス(Michael Neocosmos:「アフリカ潜在力」プロジェクトの海外協力者)の論考を参照しながら弁証法的なプロセスとして分析し、アフリカの言語芸術は社会全体の問題意識や関心事と密接な関係をもっていることを論じた。まず塩田は、ヨルバ民族とその音楽の成立史を概観した。ヨルバ音楽の代表的な楽器であるドゥンドゥン(トーキングドラム)は、オヨ帝国の宮廷文化として発展し、その後にヨルバが民族として統合される過程で各地に拡散して大衆化して、ヨルバを代表する楽器へと昇華した。また、1960年代には、西欧音楽やイスラーム祭礼音楽の影響から生まれたナイジェリアのピュラー音楽(ジュジュ、アパラなど)にドゥントゥンが取り入れられ、新たなアンサンブル形式を生み出した。塩田は、ヨルバ・ポピュラー音楽の歌詞を分析すると、共同体的な価値や社会のモラル、社会の要請と密接に関連するもの、すなわち強い社会志向性をもつものが多く、それを評価するためには西欧の芸術とは異なる視座が重要であると論じた。

コメントを含む総合討論では、ニャムンジョが提起した「コンヴィヴィアリティ」や「不完全性」という考え方の有効性と可能性に関する議論がなされた(ニャムンジョ・F、2016「フロンティアとしてのアフリカ、異種結節装置としてのコンヴィヴィアリティ—不完全性の社会理論に向けて」松田素二・平野美佐[編]『アフリカ潜在力(1) 紛争をおさめる文化—不完全性とブリコラージュの実践—』京都大学学術出版会)。
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2112&lang=jp

太田 至

[班研究会] 開発・生業班第9回研究会(2019年1月26日開催)

日時:2019年1月26日(土)13:30-18:30
場所:京都大学稲盛財団記念館3階小会議室2

今回の班研究会では、「アフリカ潜在力」プロジェクトの研究成果となる英文論集の刊行に向けて、各メンバーによる構想発表をおこなった。当日研究会に出席した8名のほかに、欠席した4名からの発表要旨を含めて、12名による構想発表および内容に関する議論がおこなわれた。それぞれのメンバーが、いま取り組む研究の最新報告を取り上げており、終了予定時刻を2時間以上オーバーするほど議論が盛り上がった。次年度以降の研究会では、今回の構想発表をもとに、各論考の議論をより深めていくことで一致した。

原 将也

[班研究会] 対立・共生班第8回研究会(2018年11月3日開催)

日時:2018年11月3日(土)11:30 – 13:50
場所:京都大学稲盛財団記念館小会議室1

報告タイトル:対立も共生もできなくなった人びと:コンゴ川の元国境トレーダーと国家の30年
発表者:戸田美佳子
所属:上智大学

今回の班会議では、「対立も共生もできなくなった人びと―コンゴ川の元国境トレーダーと国家の30年」というタイトルで、班員の戸田による研究の進捗状況についての発表がおこなわれた。具体的には、コンゴ共和国のブラザビル市とコンゴ民主共和国のキンシャサ市で暮らす障害者が実践するコンゴ川をはさんだ国境ビジネスを対象として、国家の統制や規制の強化が進む両国において、障害者が国家といかなる関係を結んでいるのかを論じた。

発表者からは、異なる生活基盤のなかで生計を維持する障害者の姿はまさにアフリカ諸社会の「潜在力」を示す一方で、港の閉鎖という政策転換によって突如生活の場を奪われた彼らの苦悩からは対立も共生もできない個人の姿があり、こうした変化を踏まえて「潜在力」を検討し直すことが今後の課題として挙げられた。

発表後の質疑応答では、アフリカ諸社会においては都市開発など国家の介入によって生活の場を失われる現象はしばしばあり、元障害者トレーダー達の現状を把握した上で、その変化を捉えることが重要であると指摘された。

戸田美佳子

[班研究会] 言語・文学班第8回研究会(2018年11月3日開催)

日時:2018年11月3日(土)11:30~13:30
場所:京都大学稲盛財団記念館318号室

発表者1:佐竹純子(プール学院短期大学)
タイトル「文学・音楽・潜在力―アパルトヘイト後の脱植民地化」

南アフリカ共和国の国歌である「Nkosi Sikelel’iAfrika」の最初の数行にズールー語とショナ語の歌詞を加え、一貫してコールアンドレスポンス形式で歌われ、「脱植民地化の国歌」と呼ばれている歌がある。本発表では、それを材料としてとりあげ、その歌詞を読み解くとともに、それが歌われる社会的場面を分析することをとおして、文学と音楽がアパルトヘイト後の脱植民地化のプロセスに果たす役割、およびその潜在力について議論した。

発表者2:村田はるせ
タイトル:「児童書の創作の場から-ベナンでのインタビューより」
児童書の創作の場から ―ベナンでの聞き取りより―

ベナンには「アフリカの小川(Editions Ruisseaux d’Afrique:以下便宜的にERAと記す)」という児童書専門出版社がある。ERAは1998年以来、約200作の児童書を出版し、ベナンだけでなく西アフリカのフランス語公用語圏諸国に流通させてきた。今回は、2018年10月に行った、ERAで作品を発表してきた作家・挿絵画家14人への聞き取りについて報告した。聞き取った内容は文献資料からは知りえないことばかりで、ベナンでの児童書の創作と出版の歴史をあきらかにするものであった。

なかでも重要だったのは、ERAの成功の鍵である共同出版の構想の起源や、ベナンの作家・画家によるERAへの貢献に関する情報である。ベナンでは1990年代前半までは児童書出版の可能性がほとんどなかったが、作家・画家たちはベルギーやフランスの文化支援の枠組みで行われたワークショップを通して知り合い、児童書作家画家協会(AILE)という組織をつくり、創作活動を始めていた。同時に、ERAの創設者で作家のベアトリス・ラリノン・バド氏も、周辺国の小さな出版社同士が契約し、共同出資をするという構想をたずさえ、児童書出版を開始しようとしていた。これらの人々の複合的な活動により、ベナンは西アフリカのフランス語公用語圏のなかでもとりわけ多くの児童書を出版する国となったのである。

作家・画家たちは、みずからの創作活動について、生い立ちを織り交ぜながら語ってくれた。そうした内容も、子どもが本にふれる機会がごくわずかしかないベナンのような国で、児童書創作者がどのように誕生するかを知るうえで重要である。彼らに共通する特徴のひとつは、幼いころから物語の本や漫画に夢中になった体験を持つことであった。彼らは身内や友人、偶然近所にあった図書館を通して読書の魅力を発見し、さまざまな手段によって本や漫画を入手していた。物語を楽しんだ体験は、あきらかに彼らの創作の原動力になっているのである。だが創作においては、伝承をとおして知った価値観、伝統的なものの見方、そしてベナン社会での人生体験が大きな役割を果たしていると考えられる。